子供の近視を治す回復館

小学生や幼稚園児の子供の近視を治す方法が満載!学校検眼でB、C、D判定でも、視力アップは可能です。

サイトトップ > 視力b判定〜学校検眼で0.7、0.8、0.9

視力b判定〜学校検眼で0.7、0.8、0.9

学校の視力検査で視力b判定をもらってきたとき、「ああ、うちの子供にも近視の兆候が現れたか・・・」と愕然とした親御さんもいるかもしれません。しかし嘆くことはありません。それよりも視力b評価の段階で、すぐに子供の近視を治すための行動を起こしましょう。

学校検眼による検眼通知書で視力b判定というと、視力が0.7から0.9の範囲です。この段階なら、小学校や中学校の教室の一番後ろの席からでも黒板の文字が読めるはずです。ただ学校の視力検診に引っかかったというだけですね。

学校検眼で視力bランクというと、まだ近視の手前である仮性近視の可能性もあります。仮性近視なら眼科でも治療できます。ミドリンMとかミドリンP、サンドールといった点眼治療です。これは散瞳薬といって、瞳孔を開かせるお薬です。この目薬を寝る前に点眼すると、毛様体筋が弛緩するため、睡眠中ずっと遠くを見ているのと同様の状態になるのです。ただ別名を調節麻痺剤というように、毛様体筋の調節をまひさせる薬なので、長期装用は危険です。眼圧が上昇する危険も考えられます。

そのほか眼科ではワックという視力回復機器がある場合があり、この器具を使った視力訓練をすることがあります。しかし実際は、あまり効果は期待しないほうがいいでしょう。ワックは本来、目の検査の前に、目の調節を取るための機械だからです。

学校検眼でB評価なら、このように仮性近視のことがあるので、十分に視力アップが可能です。ただ注意してほしいのは、放置していると、視力0.6、0.5、0.4、0.3と視力低下していき、ついには視力Cランクになってしまうということです。そうなると真性近視に移行するので、視力改善も困難になります。

子供の視力低下は急激であり、大人の3倍以上のスピードで視力が下がっていきます。そのため今視力b判定であっても、次の視力検診ではd評価になる可能性もあります。

視力b判定であっても、気を抜かず、本格的な視力回復トレーニングを開始してはいかがでしょうか?

視快研の視力回復センターで行なわれている目のエクササイズや運動が、自宅で行なえるマニュアルやCD、キットがあります。これは子供の近視を治すための視力回復の通信教育のようなもの。疑問点があれば質問できるので、迷わずに家にいながらにして効果的な近視回復トレーニングを実践できます。ここで身につけた視力アップトレーニングの方法は、大人になってからも役に立つ宝物になることでしょう。

子供の近視を治し、視力向上させる方法はこちら↓

>> 1日たったの13分だけの「アイトレーニング」

視力回復と近視の子供一覧