子供の近視を治す回復館

小学生や幼稚園児の子供の近視を治す方法が満載!学校検眼でB、C、D判定でも、視力アップは可能です。

サイトトップ > 視力C判定〜学校検眼では0.3、0.4、0.5、0.6

視力C判定〜学校検眼では0.3、0.4、0.5、0.6

視力c判定というと、学校の視力検査(学校検眼)による「3.7.0方式」による評価であり、小数視力に直すと、視力0.3、0.4、0.5、0.6に当たります。

視力c評価は深刻です。
もちろん視力0.2や0.1であるDランクよりは、ましでしょう。しかし視力cランクは、すでに仮性近視を卒業して、確実に本物の近視に突入しています。小学校や中学校の学校の黒板の文字も、後ろの席からではぼやけて見づらいことでしょう。視力b判定では、それほど感じなかったかもしれませんが、視力c判定では自分の目が悪いということを痛感し始めます。視力が下がることは苦痛なのです。

しかもメガネやコンタクトレンズの装用を始めると、どんどん視力は低下していきます。視力は待ってくれないのです。そこで、なんとか早期対処して視力の低下に歯止めをかける必要があります。ドミノ倒しのストッパーのように・・・。それには、自分の素人考えではなく、視力回復センターを開業しているインストラクターに質問するのがよいでしょう。

視力C判定となると、将来車の免許更新もできません。
目が悪いと通過できない職業もあります。スポーツにも支障が出てきます。将来、レーザー治療であるレーシック手術をうけたり、メガネやコンタクトレンズのお世話にならないようにするために、今のうちに対策を練っておきましょう。

大人に比べて、子供の近視は治すことが簡単といえます。
子供の視力低下の速さは、大人の3倍以上といわれています。逆にいえば、視力アップのスピードも大人の3倍以上といえます。それは小学校の子供の目と脳はまだ柔軟であり、発達途上にあるからです。眼球もまだ成長を続けているのです。この成長に合わせて、視力回復トレーニングという「環境」を与えてやれば、「脳の可塑性」によって、視力が改善していく可能性が期待できます。

検眼通知書で視力c判定をもらったら、自力で視力回復トレーニングを実践するのは困難です。たとえば本屋にいって、3dアートの立体視が可能なマジカルアイやマジックアイ・エクササイズの本を買ってきて、毎日自宅で平行法や交差法の目のエクササイズを続けられますか?子供には難しいと思います。100円ショップでピンホールアイマスクを購入してきて、家にいる間はずっと穴あき眼鏡を装用させますか?きっと、子供は自由を奪われる気がして、嫌がると思います。

そのほか超音波治療器ソニマックや、高価な視力回復訓練機を買ったところで、子供が長続きしなければ、大切なお金の無駄遣いになりかねません。それにこういった高価な視力回復の機械は、視力0.7とか0.8レベルの仮性近視には有効ですが、視力c評価をもらうほど視力が悪いと、たいした効果はのぞめないでしょう。目の疲れ解消や眼精疲労の予防程度だと考えられます。

視力b評価の近視の子供なら、こういった視力回復グッズやアイテムも有効かもしれません。しかし視力c判定とかd判定の子供の近視を治すことを考えるのなら、視力回復センターに通院するのが最適です。

ただ問題は、視力の施設が近くにない場合は困りますね。
また近くにあっても、塾通いとか受験勉強、あるいは野球やサッカーなどの習い事をしていると、時間がうまく作れないこともあるでしょう。その場合は、自宅で好きな時間に目のエクササイズができる、目の通信指導がおすすめです。

視快研という視力回復センターでは、自宅でも同様の眼の運動や訓練ができるように、マニュアルやCD、キットを開発しています。疑問点があれば、メールで質問できます。子供の近視を治すための通信指導といえるでしょう。いったん視力回復トレーニングの方法を身につければ、目の酷使が避けられない、これからの社会を生きて抜いていくうえでも、この上ない宝となります。

子供の近視を治し、視力向上させる方法はこちら↓

>> 1日たったの13分だけの「アイトレーニング」

視力回復と近視の子供一覧