子供の近視を治す回復館

小学生や幼稚園児の子供の近視を治す方法が満載!学校検眼でB、C、D判定でも、視力アップは可能です。

サイトトップ > 視力d判定〜学校検眼で0.2、0.1以下

視力d判定〜学校検眼で0.2、0.1以下

視力d判定は、学校検眼では最低ラインになり、視力0.2や0.1になります。もちろん視力0.05とか0.04など極度近視も属します。

注意しなければいけないのは、学校の視力検査の結果にもらう検眼通知書で視力d判定だからといって、近視とは限らないということです。遠視でも視力d判定になりますし、視力0.3ということもあります。弱視になるとメガネやコンタクトレンズの装用で視力矯正しても、視力はアップしません。

まずは眼科の診察を受けて、視力低下の原因を知ることが、もっとも大切です。もし目医者で遠視と判明したら、早急に遠視矯正用メガネを装着させないと、弱視が出てきたり、弱視のまま治らないことになります。両目が遠視による屈折性弱視は、10歳の小学校4年生くらいまでなら、視力改善するといわれています。

学校の視力検診の結果、視力d評価の場合、このようにまずは眼科専門医の診察を受けることが大事です。そこで近視と診断されたら、まずは学校の黒板の文字が見えるように、メガネを作成します。ただし小学生や中学生なら、授業中だけメガネを掛けるといいでしょう。黒板と手もとのノートの遠近を自然と往復するので、思ったほど授業中のメガネの装用は、視力低下を招かないものです。毛様体筋が頻繁に伸縮するからです。

視力d判定というと、仮性近視を通り越して、屈折性近視や軸性近視に入り込んでいます。そこでそれ以上、視力が悪化しないように、視力アップトレーニングの方法を行なう必要があります。人によっては、視力1.0以上に視力改善するかもしれません。

視力dランクの場合、市販の視力回復の本やグッズでは、なかなか効果が実感できないと思います。たとえば3Dアートの立体視用のマジカルアイなどの視力回復の本。平行法や交差法は、毛様体筋の訓練にはなるかもしれませんが、視力0.3とか視力0.2には効き目がないかもしれません。100円ショップで販売されているピンホールアイマスクも同様です。

ネット上で販売されている視力回復訓練機も、毛様体筋のコリをとる程度です。眼科のワックを踏襲しているからです。そのため広告で謳っているほど視力回復効果は期待できないので、ご注意ください。

視力d判定は視力0.3とか0.2、あるいは0.1以下になりますから、生兵法は怪我の元です。視力回復センターの専門家に任せましょう。ただ家の近くにあればいいですが、電車で通院する場合は、長続きが困難になります。家の前にあったら便利ですよね?

そこで視力d判定をもらってきたお子さんの親御さんにおすすめしたいのが、アイトレーニングの視力回復センターが、自宅でも同様の眼のエクササイズができるようにと開発したマニュアルやCD、トレーニングキットです。これなら遠くの施設まで通わなくても、いつでもどこでも好きな時間に、家にいながらにして視力アップ訓練ができます。

塾通いとか習い事、そのほか受験勉強などで忙しい子供の場合、わざわざ視力回復センターまで通うのは難しいものです。そこで同様の視力訓練ができる、視快研という視力回復センターの通信指導を自宅で受けるのです。子供の状態に合わせたオーダーメイドの指導が受けられて、疑問点はメールで質問できるので、視力回復センターに通院するのと同様の効果が期待できます。

子供の近視を治し、視力向上させる方法はこちら↓

>> 1日たったの13分だけの「アイトレーニング」

視力回復と近視の子供一覧