子供の近視を治す回復館

小学生や幼稚園児の子供の近視を治す方法が満載!学校検眼でB、C、D判定でも、視力アップは可能です。

サイトトップ > 子供の受験勉強と視力〜小学校や中学、高校

子供の受験勉強と視力〜小学校や中学、高校

子供の受験が増えています。
ふつう受験というと高校受験や大学受験ですが、小学校や中学受験をする子供が増加しているのです。お受験ブームでしょうか?

受験勉強というと、家庭学習や宿題は言うに及ばず、塾に通って夜まで勉強するという生活スタイルになります。こういった生活パターンは、一日中近くばかりを見ています。そのため急激に視力低下し、近視になる危険がひそんでいます。よくテレビで塾の特集をやってますが、先生が分厚いメガネを装着していたり、メガネの子供が多く見受けられます。

ここで誤解してほしくないのは、勉強や読書が視力が悪くなる直接の原因ではない、ということです。子供の年代では勉強は必要ですし、心の大地を耕すために読書も必要です。しかし子供にとって、もうひとつ大切なことがあります。そうです、外で元気よく遊びまわることです。本来これが自然な姿です。勉強もするし、外でも遊ぶ・・・。遠くが見えない近視になるのは、生活スタイル全体の問題なのです。

子供の受験となると、勉強の連続になり、外で遊ぶことが少なくなります。受験勉強に専念するために、今まで続けてきたクラブ活動(部活)も休みますし、習い事のスポーツもしなくなるでしょう。しかも勉強の息抜きといえば、任天堂DSやPSPなどの携帯型ゲーム機。これでは目は近いところしか見ないので、近眼になって当然ですね。学校検眼でb評価やc評価、あるいはd判定の子供が増加している、ということもうなずけます。

子供の受験も大切ですが、同時に外で元気よく遊ばせる時間をとってはいかがでしょうか?といっても小学校受験、中学受験をめざす子供の場合、それは困難ですよね?わかっているけれど、スケジュールがつまっていて実行できないわけです。しかし、この生活パターンを続ければ、どんどん視力が下がることも目に見えています。親御さんの心配も、かなりのものでしょう。

そこでオススメは、視力回復センターで行なわれている視力訓練と同じことが、自宅でできる通信指導です。これなら受験勉強の合間とか、寝る前とか、ちょっとした”すき間時間”を使って目のトレーニングができるので、毎日続けていくことができます。子供の受験生の眼を守ることができる、唯一の方法ではないでしょうか?

子供の受験勉強は、目にかなりの負担をかけます。
そのぶん、外で遊べば視力も改善する可能性がありますが、時間が取れないという場合は、自宅で目のエクササイズができるアイトレーニングをおすすめします。

子供の近視を治し、視力向上させる方法はこちら↓

>> 1日たったの13分だけの「アイトレーニング」

視力回復と近視の子供一覧