子供の近視を治す回復館

小学生や幼稚園児の子供の近視を治す方法が満載!学校検眼でB、C、D判定でも、視力アップは可能です。

サイトトップ > 子供の視力矯正〜メガネとオルソケラトロジー

子供の視力矯正〜メガネとオルソケラトロジー

子供の視力矯正には、メガネ、コンタクトレンズの装用がもっとも手軽です。学校の視力検査(学校検眼)でb判定、c評価、dランクをもらってきた場合、眼科の診察とメガネの装着を勧められます。

視力b判定は、視力0.7〜0.9ですから、学校の一番後ろの席からでも、黒板の文字が見えるため、必ずしもメガネという眼科矯正器具は必要ないでしょう。ただ作っておくだけ作っておいて、本当に見づらいときだけ装着し、普段は掛けないようにしましょう。この段階は仮性近視のこともあるので、眼科の点眼治療やワックという視力回復機による訓練によって、子供の眼は視力回復する可能性があります。

ただし視力c判定は視力0.6以下ですから、学校の一番後ろの席からでは見づらくなります。その場合はメガネを装用しない方向で、席を前のほうに移動してもらうか、子供の視力矯正メガネを授業中だけ装用するといいでしょう。

子供の視力矯正にはメガネのほかに、コンタクトレンズが考えられますが、あまりおすすめできません。というのは、あまりに早くから角膜が酸素不足なってしまうと、将来的に見て、角膜内皮細胞が減少する危険があるからです。この細胞は、角膜の酸素不足によって死滅し、限られた細胞は二度と再生しません。そしてある一定レベルを超えると角膜がにごってきてしまいます。コンタクトで失明ということはありませんが、コンタクトレンズの装用はできるだけ遅らせたほうがいいのです。

子供の視力矯正には、そのほかにオルソケラトロジーやオサートがあります。オルソケラトロジーという視力強制法は、視力回復コンタクトという名でも親しまれています。この眼科矯正医療は、就寝前に特殊なコンタクトレンズを着用すると、朝起きたときに視力がアップしているというものです。視力0.3(学校の視力検診ではC評価)であっても、一晩で視力1.2まで視力がアップします。ただし毎晩、コンタクトレンズを装着して眠らないといけません。小学校低学年の子供には難しいともいえます。

オルソケラトロジーによる子供の視力矯正は、角膜を押させつけて圧迫するために、角膜の突出を抑え、近視の進行を遅らせる効果も期待できます。仮性近視なら、治ってしまうこともあるようです。

ただし、オルソケラトロジーによる子供の視力矯正法は、睡眠中に目を傷つける危険もあります。レム睡眠中は目がぐるぐると動くからです。睡眠時間の長い子供は、このリスクが増大します。

眼科の視力矯正には、そのほかにエキシマレーザーを角膜に照射するレーシックなどの視力回復手術があります。ただしレーシック手術は20歳以上が適応です。レーシックの眼科によっては18歳未満は不適応になります。子供の視力矯正法ではないのです。

このように子供の視力矯正方法には、いろいろありますが、検眼通知書で悪い評価をもらって眼科に診察に行くと、たいていメガネの装用をすすめられます。たとえ、視力がアップする可能性を持っていたとしても、です。もし、その時点で視力回復訓練を施していれば、完全に視力改善し、将来的にメガネやコンタクトレンズの要らない目になっていたかもしれないのです。

学校検眼で視力B、C、D判定だったら、とりあえずメガネをつくり、授業中に見えないときだけ装用するようにしましょう。あとは裸眼生活をすることをおすすめします。そのほうが子供の視力低下は進行しづらくなります。子供は大人の3倍の速度で視力が下がるので、子供の視力矯正と称してメガネの掛けすぎはよくありません。

それとともに大事なことが、プラスの要因を毎日積み重ねていくことです。メガネの装用を少なくするだけでは、近視の進行スピードが遅くなるだけであって、いずれは視力0.1以下(学校検眼ではDランク)の強度近視になりかねません。そこで視力回復センターの指導を受けることをおすすめします。

私がおすすめするのは、視力回復センターへの通院ではありません。自宅でも毎日、簡単に短時間でできる視快研のアイトレーニングです。マニュアルとCD、トレーニングキットを使って、目のエクササイズ、運動をしていきます。

子供の視力を矯正しつつ、こうした視力回復トレーニングを並行して行なうと、子供の近視の進行は確実にストップしますし、やがて視力1.0以上に視力改善する希望も出てきます。

子供の近視を治し、視力向上させる方法はこちら↓

>> 1日たったの13分だけの「アイトレーニング」

視力回復と近視の子供一覧