子供の近視を治す回復館

小学生や幼稚園児の子供の近視を治す方法が満載!学校検眼でB、C、D判定でも、視力アップは可能です。

サイトトップ > 子供のメガネ〜コンタクトは早い、注意点など

子供のメガネ〜コンタクトは早い、注意点など

子供のメガネ装用に関しては、いろいろな注意点があります。
子供の視力矯正といえば、やはりメガネです。幼稚園児や小学生の子供にコンタクトレンズは早すぎます。角膜内皮細胞は大切にしなければいけません。またコンタクトの扱いも十分できない可能性があるため、早くても中学生からがいいでしょう。

子供のメガネ装着は大きく分けると、近視用と遠視用があります。
結論から言うと、近視に関しては、見づらいときだけ装用したほうが視力低下は抑えられます。つまり眼科医の支持には従わないほうがいいでしょう。ただし遠視に関しては、弱視という目の病気が関わってくるので、必ず眼科医の支持に従うことが大切です。

子供のメガネ装着のきっかけといえば、学校検眼でしょう。小学校の健康診断でA判定ならいいですが、学校の視力検査の検眼通知書でB判定、C判定、あるいはD評価をもらうと、眼科の診察とメガネの着用が勧められると思います。

眼科の診察で近視と判明した場合、メガネを購入することになります。しかし見づらい授業中の黒板を見るときだけにして、そのほかはできるだけメガネは外したほうがいいと思います。そのほうが目に負担がかからず、視力低下の進行が押さえられます。ただしD判定というと、視力0.2とか0.1ですから、見づらいために目が疲労することも考えられます。

生活に不自由を感じたら、そのときは子供のメガネを常用すればよいのです。ただしその場合も、手もとの文字が裸眼で見えるのなら、メガネをはずして近業作業をするほうが、目に負担をかけないため、近視の進行がおそくなります。

子供のメガネといっても、遠視の場合は要注意です。
遠視にも2種類あり、両目が遠視の場合は、比較的軽い弱視になりがちです。この場合は10歳(小学校4年生あたり)までに、遠視矯正用メガネを装用すれば、弱視は治ります。しかし片目が遠視の場合は、深刻な弱視になってしまうので要注意です。学校の視力検診で、視力0.5とか0.3といわれても、遠視の場合があるので、まずは目医者を診察することが大切です。

子供のメガネは、周りから遠視用なのか、近視用なのか判別がつきます。メガネの中の顔の輪郭が、内側に入っていれば近視メガネ、外にあれば遠視メガネです。老眼鏡でも、そうですね。輪郭の離れ具合で、度の強さもわかるものです。今では、幼稚園児でも近視用メガネであることも多くなっています。

子供のメガネの注意点としては、よく動くためにメガネを踏んづけたり、曲げたりしがちだということです。そうすると、瞳孔がメガネレンズの中心部にこなくなり、曲がった子供用めがねを常用していると、眼球に不要な負担がかかる結果になります。最悪、目がずれる斜視になりかねません。子供のメガネを曲げてしまったら、眼科か眼鏡屋で調整してもらいましょう。

そのほか子供のメガネの注意点としては、耳に掛ける部分のテンプルが、耳にぐるっと巻きつくタイプの「縄手」の場合、視神経をいたる危険があります。縄手の子供メガネを装着していると、たしかに激しく動いても落ちませんが、これが目にとって危険なのです。というのは、もしボールが顔に当たった場合、ふつうの”への字型”のモダンの場合、衝撃で吹き飛んだり、ずれたりして衝撃を吸収します。

しかし子供のメガネが縄手だと、衝撃が直接目のまわりの骨に伝わってしまいます。このことが視神経を傷める原因になるのです。

以上のように子供のメガネといっても、近視と遠視では全く異なることに注意してください。また斜視用のプリズムレンズの装用も、眼科専門医や視能訓練士の指示に従うことが大切です。

子供の近視を治し、視力向上させる方法はこちら↓

>> 1日たったの13分だけの「アイトレーニング」

視力回復と近視の子供一覧