子供の近視を治す回復館

小学生や幼稚園児の子供の近視を治す方法が満載!学校検眼でB、C、D判定でも、視力アップは可能です。

サイトトップ > 子供の視力低下の予防〜ゲーム機や姿勢、遊び

子供の視力低下の予防〜ゲーム機や姿勢、遊び

子供の視力低下の予防法は、視力が下がる原因を自覚することが第一です。それでは、どういったことが視力が落ちる原因なのでしょうか?

子供の視力低下の原因として考えられるのは、生活環境の変化です。もっと具体的にいえば、生活全体のなかに占める近くを見る作業の増加です。昔は勉強や読書を長時間しても、そのぶん外で元気よく遊んでいたため、バランスが取れていました。

ところが現代は、パソコンやゲーム機が普及してきており、気晴らしといえば近くの画面を凝視するニンテンドーDSとかPSPなどの携帯型ゲーム機やテレビゲームです。これでは近くばかり見る生活習慣になってしまい、視力が下がる現象がおきても仕方ありません。

ここで注意しなければいけないのは、勉強や読書は子供の視力低下の原因ではないということです。子供の本業は勉強なのですから、十分家庭学習したら、あとは外にでて元気よく遊びましょう。気晴らしが外で遊ぶことではなく、家にこもって近くのモニターやゲーム画面ばかりを見るために、学校検眼で視力B判定やC、D評価をもらうことになるのです。

とはいっても現実的には、ゲームは面白いものですし、やめるのは困難です。またゲームは目を激しく動かすので、動体視力の発達に寄与しますし、コントラスト感度を高めるという研究報告もあります。そのため時間を制限して遊ぶといいでしょう。

ただしニンテンドー3DSなどの携帯型ゲーム機を傾けて遊ぶと、片目の視力低下を招き、がちゃ目(不同視)になる危険があるので、まっすぐにもち、寝転がってしないことです。パソコンも勉強も形態ゲーム機も、姿勢を正して、左右の目を画面から等距離にすることが大切です。たったこれだけのことが、子供の視力低下を予防します。

また受験勉強で忙しい小学生や中学生の子供の場合、どうしても外で遊んでいる時間もないでしょう。一日中、参考書や教科書、過去問とのにらめっこということも少なくありません。そういう場合は、自宅にいながらにして簡単にできる視力回復トレーニングを行なうといいでしょう。

部活(クラブ活動)をしている子供は、しぜんと遠くを見ますし、動体視力や周辺視野能力、瞬間視などが鍛えられているため、視力のアップや子供の視力低下の予防に役立っています。しかし受験勉強で忙しい子供の場合、視力回復センターがおすすめです。

ただしここでいう視力回復センターは、自宅で行なえる近視回復訓練法です。わざわざ視力の施設に通わなくても、自宅でマニュアルとCD、トレーニングキットを使って、短時間で効果的な視力アップトレーニングが可能なのです。いってみれば視力回復の通信指導です。分からないことがわれば、メールでどんどん質問しましょう。懇切丁寧に答えて指導してくれるはずです。

視快研によるアイ・トレーニングは、子供の視力低下の予防はもちろん、視力1.0や1.2まで視力アップするために役立つことでしょう。

子供の近視を治し、視力向上させる方法はこちら↓

>> 1日たったの13分だけの「アイトレーニング」

視力回復と近視の子供一覧