子供の近視を治す回復館

小学生や幼稚園児の子供の近視を治す方法が満載!学校検眼でB、C、D判定でも、視力アップは可能です。

サイトトップ > 子供の視力回復トレーニング〜自宅で通信指導

子供の視力回復トレーニング〜自宅で通信指導

子供の視力回復トレーニングは、一旦低下した視力をアップさせることができます。

学校の視力検査で今までA判定だったのに、1年経ったらB判定あるいはC評価だったということが、よくあります。なかには一気にDランクにまで視力が急に落ちたという人もいるでしょう。いまでは、ほとんどの小学生の子供が視力低下を実感しているのではないでしょうか?

統計によると幼稚園児と小学生の3割は、視力1.0未満といいます。もちろん幼稚園児の年長さんとかは、遠視であり、視力がまだ完成していないこともあるでしょう。視力はだいたい6歳(小学校1年生)で完成します。

子供の視力回復トレーニングとして、もっとも簡単なのは、外で元気よく遊ぶことです。広いフィールドを走りまわれば、しぜんと遠くを見るし、速いものを見ます。視野が広くなります。とはいっても、今の子供は遊びといえば、家にこもって友達とゲーム対戦ということが少なくありません。勉強をして、つぎにゲーム機・・・。これでは近くを見ることに目がなれてしまい、毛様体筋がこり固まったままの状態が続きます。これが小学生の子供の近視の原因です。

そのほか、子供に塾通いをさせる親御さんも増えています。
ゆとり教育もいいですが、その分家庭では学力をつけるために奔走しなければならないのでしょう。そうなると、とても外で元気よく遊んでいる時間は作れません。そこで視力が下がるのを予防し、落ちた視力をアップさせるために、子供の視力回復トレーニングが役立ちます。

ふつう子供の視力が落ちたというと、市販されている視力回復の本とかグッズで済まそうと思いがちです。たとえば3Dアートの立体視専用のマジカルアイとかマジックアイ・エクササイズですね。あるいは100円ショップで販売されているような、ピンホールメガネ(穴あき眼鏡)といわれるものです。こういった視力回復のグッズは、学校検眼のB評価(視力0.7〜0.9)の子供の視力回復トレーニングとしては有効でしょう。つまり仮性近視の視力改善です。

しかし、学校の視力検診でB評価とかC評価、ましてやD判定の子供の視力回復トレーニングとしては、ほとんど効き目はないでしょう。そこでオススメは、視力回復センターです。しかし塾通いとか習い事、その他の事情で、視力回復の施設に通院することが困難な場合が多いでしょう。近くに見当たらず、電車で通院しなければならないかもしれません。

そこでおすすめは、視力回復センターで行なっている子供の視力回復トレーニングと同様のことを、自宅で簡単にできる通信指導です。視快研という視力回復センターでは、子供の視力アップ方法を研究しています。家にCDやマニュアル、トレーニングキットが郵送で送られてくるので、指示に従って、目のエクササイズをするだけです。これなら飽きずに、しかも好きな時間に毎日実践できますね。

たとえば塾に行く前の10分間を、子供の視力回復トレーニングに当てる。あるいはゲーム機で遊んだあとは、かならずマニュアルどおりのアイトレーニングを行なう。受験勉強の合間に、習った近視回復訓練を実行する。というように”こま切れ時間”をつかって、実際に視力回復センターで行なわれていることと、ほとんど同じ内容を実践できるのです。

子供の近視を治し、視力向上させる方法はこちら↓

>> 1日たったの13分だけの「アイトレーニング」

視力回復と近視の子供一覧